中道歯科医院|富山市高木 むし歯 歯周病 入れ歯 訪問診療 小児歯科 英語対応可 Availble language:Einglish,Department of Dentistry,ToyamaCity

〒930-0106
富山市高木2366-1
TEL:076-436-1311
休診日:木曜午後・日曜・祝祭日・お盆・年末年始
中道歯科医院
What's New
RSS
2016年11月14日
平成28年11月院長のマンスリ−ト−ク◆富山市議会補欠選挙と米大統領選挙
平成28年11月院長のマンスリ−ト−ク◆富山市議会補欠選挙と米大統領選挙
 富山市議会補欠選挙は政務活動費問題で議員の12人が辞職したことを受けて11月6日投開票が行われ13人(自民党が推薦・支持した無所属5人と共産党2人、社民党1人、日本維新の会2人、政党の支持を受けない無所属3人)が当選した。 投票率は26.94%と低かった。
 富山市市議会の政務活動費問題の発端は、2016年6月に中川勇元議員が会派会長であった自民党が主導して議員報酬が足りないとして10万円の引き上げの改正条例案を民生クラブや公明党の三会派で可決したことであった。
 議員報酬10万円の引き上げについては富山市民の一部は反対をしていたが、中川勇元議員がマスコミから取材を受けている最中に北日本新聞の女性記者を押し倒して資料を奪った。そこで、北日本新聞が富山県警に被害届を出すとともに富山市市議会議員の政治資金を調べたことが、不正な政務活動費が公表されることにつながった。 新聞やテレビ局が追求したことが問題を大きくすることになった。
 議員は月額60万の他に、年二回のボ−ナスと月額15万円の政務活動費をもらっていた。 政務活動費は議員が調査研究などに使える経費として各会派に支給され議員に振り分けられていたが、2014年に議長を務め富山市議会のドンと言われていた中川勇元議員が、「市に政務活動費が足りないので増額を要求したい。政務活動費は全額を使い切れ」と他の会派の議員に告げていた。
 不正の調査結果をまとめたのが下の表である。

 架空の資料印刷代や市政報告書経費、茶菓子代などを白紙の領収書に勝手に記入したり、パソコンで領収書を偽造するなど、目に余る行為が堂々となされていた。もらったお金は遊興費、自宅や事務所のリフォ−ムや経費、選挙資金などに使われていた。
 市民の監視の目が届かないと議会は変わらないということか。
 11月8日、米大統領選挙の投開票が行われ、実業家で公職経験ゼロの共和党ドナルド・トランプ氏が大方の予想を覆し、民主党のヒラリ−・クリントン氏を破り、来年1月20日に第45代大統領に就任することになった。 驚くべき番狂わせが起きた。
 今後、トランプ氏が掲げた「MAKE AMERICA GREAT AGAIN!」によって、日本にも防衛、外交、経済に圧力をかけてくることが予想される。
 トランプ氏が勝った理由をまとめると次の3つにまとめられる。
①白人の怒り(違法移民によって職を奪われ、中間層が減ってきた)
②既成政党への不満(今の政策へのうんざり感が充満していた)
③既得権益への嫌悪(クリントンがお金にきれいではなかった)
 今回の選挙結果は、マスコミや学者、評論家、企業の上層部と一般国民の感覚のずれを如実に表した現象として、後世にも語り継がれることだろう。
 佐藤優、池上彰著「新・リ−ダ−論」(文春文庫)によれば、リ−ダ−に必要な資質としては、①思考の一貫性、②知的な非凡さ、③攻撃的でないこと、④金銭にきれいであること、⑤愛情関係が安定していることが上げられるが、すべてを備えている人はそんなにいない。これらのことは、政治家だけでなく、一般人にも求められる要件である。
 近代政治学の建設者と言われるニッコロ・マキァヴェルリが、「力は安静を生み、安静は倦怠を生み、倦怠は無秩序を生み、無秩序は混乱を生み、そして混乱からは秩序が発生し、秩序からは力が発生し、力からは名誉と幸運が生まれる」(フィレンツェ史)と言っているが、政治状況の移行は循環法則でとらえることができる。
 政治状況は、我々の生活に密接に関連し、一瞬も静止せず、不断に動き、他の状況に移行して行く。
 米国で起きたことは、10年後の日本でも起こる可能性がある。
   


当院の特徴紹介
いつも、総山先生の教えを守るよう治療に当たっています。
院長は、この事業の設立時から中心的役割をにない一定の成果を出しました。
年に1回は必ず「かかりつけ歯科医」で健診することが重要と考えます。
良質な音質のBGMを流してます。
患者にとってより安全で安心できる歯科外来診療の環境整備は万全