中道歯科医院|富山市高木 むし歯 歯周病 入れ歯 訪問診療 小児歯科 英語対応可 Availble language:Einglish,Department of Dentistry,ToyamaCity

〒930-0106
富山市高木2366-1
TEL:076-436-1311
休診日:木曜午後・日曜・祝祭日・お盆・年末年始
中道歯科医院
What's New
RSS
2015年12月14日
平成27年12月院長のマンナスリ−ト−ク◆日歯会長予備選挙に3氏立候補〜日歯連事件をうけて〜
日歯連事件をうけての日歯会長予備選挙の立候補は11月27日に締め切られ、 3氏が立候補した。届出順に前日歯副会長の富野晃氏(北海道)と現日歯会長の山科透氏(広島県)と前日歯常務理事の堀憲郎氏(新潟県)である。
富野晃氏は、会員の直接選挙制度への変更、日歯連盟の発展的解消等を主な公約とする。現日歯会長の山科透氏は、全力で取り組んできた実績を強調し、検証委員会の設置、公益社団法人としての意識改革、透明性を担保した組織機構改革を約束する。堀憲郎氏は、一定のけじめを明確にする必要性をうたい、歯科界の歩むべき方向性を示し、課題を整理し、議論する体制を作って次世代に引き継ぐことの重要性を強調する。今回の選挙は前回の選挙の延長線上にあるもので、遺恨試合の構図を示しており、会員はしらけている。
会長予備選挙は、代議員138名と選挙人503名の合計641名による郵便投票で12月24日午後2時に締め切られ当日開票が行われ、過半数をとった人が当選となる。過半数をとった人がいない場合は上位2名による再選挙が行われる。当選者は理事候補者(24名以内)の名簿を選挙管理委員会に提出し、 3月に開催される第182回臨時代議員会で選任される。 選任された理事の中から代表理事(会長)が正式に確定する。任期は平成29年6月開催の定時代議員会終了時までである。
最近、会長予備選挙に関連して歯科界で出回っている「日歯連事件の真相」という文書(いわゆる、怪文書)がある。内容は次のようなものである(人名はあえて伏せる)。
 「今回の日歯連事件の発端は内部からの告発です。この事は全ての担当検事が言っています。実は最近の事件の殆どが何らかの形での内部告発なのですが、これはもう殆どの歯科医師会の関係者が承知されているようですが、高木が会長になると非常にマズイ連中(OH、K、H、O等)が大阪の弁護士を使って地検に情報を流した事が始まりです。その情報のかなりの部分が連盟職員を使って引き出したMからのものである事も多くの関係者は理解しています(中略)。この件は公判が始まれば高木サイドから証拠の開示を申請しますので、一部は表に出ると思います。
 ではなぜここまでして高木を降ろそうとしたのでしょうか。
 これはまだ完全に解明できていない部分もありますが、同じ人物が日歯のような金にルーズな組織(サラリーマンでないゆとりのある会員はあまり会費について文句を言わない)を10年も預かればおのずから汚れてくるものです。
 2200億もプールされている日歯年金の運用だって、どう考えたって数億円がOH一派に流れてますし、(これに関しては日歯職員の一部がグルですので、政権が変わった時にかなりの証拠物(ダンボール4個)を持ち出されていますが、職員の証言は検事がテープに取ってあります)また2万人の会員が使う予定だった(今何人使ってますか400−500人ですよね)レセプトコンピューターシステムレセックに関しても大きな闇が存在してます。契約直前にメディアからNTTデーターにベンダーを変更し、かなり(一説によれば1億6千万円)の金がKに行ってます。その一部はベンツに化けたようですが・・・。悪賢さNo1のKは常務理事のIに責任をなすりつけ、自分は平気で勲章までもらって・・・これは本当に悪人です。
 OHの弟の関係する電通への金の流れも非常に不透明です。叩けば埃はもっと出てくるでしょう。表向きは聖人君子の顔をしていますが、裏は闇ばかり、本当の悪党です。それを高木執行部が手を突っ込みはじめたので、あせってここまでやってしまったのが真相です。しかし、ここまで事が大きくなるとは思って無かったのかも知れませんが。
 本年1月23日第123回日歯連盟評議員会においてOH一派の番頭Hが「今日はマスコミも来てますから・・・これは迂回献金ですよね」の発言が引き金である点は周知の事実です。本人が「おれは会の為に言った発言だ!!」と弁明されているようですが、(中略)。こいつも本当にひどいヤツです。なぜ組織を売るような発言を、マスコミが来てますよねと言いながらあの発言をするのか、それだけ見ても絶対におかしいことです。高木降ろしの口火を切ったやつと言われても当然です。
 この組織内での資金移動は外の政治団体とのやりとりではないので違法性はない、との弁護士見解に基づきやっていた事で、他の政治団体も同様にやっており、弁護士と地検との法的解釈の違いであって、あのHの発言がなければ何らこんな騒ぎになるような事ではありません(中略)。
 何一つ悪い事などしていない、そして会員のために今度こそクリーンな歯科医師会を作ろうと頑張った高木が自分たちの悪事がばらされる事を恐れたOH一派の罠にはめられ迫い落とされ、あまりにもかわいそうだと思いませんか。OH一派は今回の事件を10年前の臼田事件とダブらせようとしているようですが、それは全くちがいます。
 あの逮捕された3人が横領したのか、贈収賄をしたのか、選挙違反をしたのか、何一つしてないのではありませんか。OH一派の罠にはめられ、法的解釈で問題かどうかもまだ判断できない、弁護士見解では違法性などない方法で資金の移動を会計責任者の村田がやっただけ。それだけなのに、なぜ高木、堤までそして組織までこんな目にあわなければいけないはめになったのかよく考えて欲しいと思います。
 本当の巨悪は誰なのか、歯科界を売ったのは誰なのか。本来なら、本件に関与したOH、K、H、O、Sが真っ先に制裁を受けるベきではありませんか。高木の弁護団が証拠の開示を請求しますので、全てが白日のもとにさらされる裁判が楽しみであります。」
真意の程は定かではないが、一部金額や内容が違う程度で本当に近いといわれ、選挙人に少しずつ伝わるにつれ、当初優位に立っていた堀氏が、山科氏に追いかけられ、ついに逆転したとの情報もある。しかし、もし、怪文書が真実とすれば、日歯会員はやり切れない。一部の人間が会を私物化することは決してあってはならないことである。

   


当院の特徴紹介
いつも、総山先生の教えを守るよう治療に当たっています。
院長は、この事業の設立時から中心的役割をにない一定の成果を出しました。
年に1回は必ず「かかりつけ歯科医」で健診することが重要と考えます。
良質な音質のBGMを流してます。
患者にとってより安全で安心できる歯科外来診療の環境整備は万全